こんにちは。

「目指せ!軽やか育児」というサイトを運営している女の子ママのakaneです。

私は、「軽やか育児」を現在実践中です。
でも、その軽やか育児って何?というのを子供を産んでから今までのこととあわせてご紹介させてください。

そう心を踊らせていたわたしが直面したのは、理想とはかけ離れた育児の現実でした。

自分の時間がない、泣いている理由がわからない、何より、生まれたばかりの我が子に何をしてあげたらよいのがさっぱりわからない

3歳までが才能を伸ばすために大切な時期だ
それまでの親の関わり方で子供の頭の良さは決まる

そんなことはなんとなく育児書でみたけれど、目の前にいる0歳児との関わり方にふれているものはほとんどない
見つけたら正反対のことの意見もあらわれる

わたしが知りたいのは今目の前にいる子供に何をすればよいのか

この子のために

この子のために

どう子供に関わってあげることが良いのかわからなかったわたしは、寝る時間を削って本をや育児サイトやブログを読み、いろいろな情報を集めました。

でも、悩んでいる間にも、我が子はどんどん成長していく。。。。

いつも何かに急き立てられているような気持ちで焦ってばかりいました

そして、それによってイライラし、体調を崩し、疲弊し、何が正解か混乱し、子供と一緒の時間もスマホにかじりつき、気が付いたら、子供に向き合うことが怖くなってしまいました

 

そんな私に衝撃的なことがおこります


毎日一緒にいって、一生懸命やっているのに、娘がはじめて大きな声をあげて笑ったのは、私の妹があやしてくれた時だったのです

その光景を見たときは、あ!笑ったな、と思っただけだったのですが、あとからじわじわとそのシーンがよみがえってきました

わたしといるときに、この子はあんなに笑ったことがない
わたしには子育ての才能がないのかな
この子はわたしが母親で良かったのかな

この子のためにと必死になればなるほど追い詰められて、自己嫌悪になる本末転倒なこの事態に、
いま立て直さないときっと育児ができなくなると強い危機感を持ちました

そのとき子育てのつらさを相談したある人に「この子のためにって重くない?」と言われましたそこでハッとしました

「この子のために」と母親が苦しむ思い姿を見て育つことが一番この子のためにならないのではないか

私自身、「子供たちのために」と自分を犠牲にする母の姿をみて、生まれてこなかったほうが良かったのかと悩んだ時期があったことを思い出し

 

「この子のために」を手放して
自分の人生を生きることが私にできる一番のサポートだと気づきました

 

私が「この子のために」と躍起にならなくても、この子はきっと幸せな人生を送ってくれる

そう信じて私は自分の人生を生きればいいんだ

そこから「(子供への期待・育児の重責を捨てて)軽やかに育児する」=「軽やか育児」という私なりの軸ができました

もちろん、今でも悩みます

もちろん、いまでも落ち込みます

 

でも根底に「わが子は必ず幸せになる」という信頼と「自分のために人生を生きる」という指針があることでぶれても帰ってくる場所ができました

また、その後に出会った「輝きベビーメソッド」によって乳幼児への心・身体・知能への適切なアプローチ法を体系的に学んだことで、知識不足による不安感もなくなりました

ぶっつけ本番でこれといった正解があるようでない育児

どのお母さんも日々トライアンドエラー

一人でしんどいときもあると思います

そんなお母さんに学んだことをお伝えしながら寄り添って
一緒に「軽やか育児」を楽しめたらとこのサイトを運営していますどうぞよろしくお願いします

個人的なプロフィールはこちら


公式ライン追加で、『0歳児から絵本が好きになる!絵本の読み聞かせ方法と選び方』PDF無料プレゼント中

定期的に月齢にあった子供との遊び方などの情報もおとどけします